廃道・廃線・廃隧道・あらゆる交通遺跡を調査‐こちら交通遺跡調査室(分室・携帯版)

廃道・廃線・廃隧道。ありとあらゆる交通遺跡を室長ことtyafficが生温く調査いたします! あなたが知っている“廃”を情報も募集しています! 情報提供口は以下。 t.stlアットezweb.ne.jp(アットは@に変換してくださいませ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長野県木曽郡木曽町三岳 王滝川 牧尾ダム 中山トンネル

長野県木曽郡木曽町三岳

訪問日 2009/6/2

【地図】

【大きい地図はこちら】

いきなりだが、タイトルの「牧尾ダムの中山トンネル」と聞いて、皆様方はどんなトンネルを想像するのであろうか?

「ダムの建設に伴い造られた、作業用の道路トンネルで、今は県道なり村道なりに使われているトンネルでしょ?」または「牧尾ダムの建設で、今では水没してしまって、たまにダムの水位変化で顔を出す森林鉄道旧線跡のトンネルでしょ?」

違うのだ…(ちなみに前記のそれを想像した方がいたらのならば(特に後者の方は)正直、あなたの舌は肥え過ぎていますw)

そこそこ勘の良い人ならば、下の写真を見ただけで、そのトンネルが何なのかお分かりになると思う。

長野県道256号御岳王滝黒沢線上にある六段橋から撮影した「牧尾ダム」

王滝川をせき止める、この“中心遮水ゾーン形ロックフィルダム形式”の「牧尾ダム」は「愛知用水」の水源として昭和36年に完成した(ラジアルゲート4門を備え、堤高105m。堤頂長264m。有効貯水量6.800万m3。名古屋ドーム40杯分!を誇っている)

(参考:【水資源機構 愛知用水総合管理所】

ん?長野県道256号線…?六段橋…?
「はて、どこかで聞いた事があるな…」と、心の片隅にでもお覚えの方。ありがとうございます。そして「そんなもん聞いた事ねえよ」と言う方。【こちら】へどうぞ。

今回は六段橋を渡り、王滝川左岸(最初の写真で言うと右側)から、牧尾ダムのダムサイトへと向かう。

右に廃隧道となった、かつての県道【花房隧道】へ逝く旧道跡をチラ見しながら進むとすぐに。

ダムサイトの入り口が有る。
サセ~ツ!



ダム管理棟前の駐車場に車を停めて、いざっ!

いや、待て待て(振り返って撮影)
ちょっとだけ言いたい事がある。
上の写真右側がダム管理棟で、左側には広大な、とまでは言わなくとも、なかなかな公園スペースがある。
たまたまこの日は私だけだったが、休日にはそこそこの家族連れが居て、皆でお弁当を広げていたり、または若いパパと、ちっちゃい息子君とがキャッチボールをしていたりと、何とも微笑ましい風景が良く見られる。
で、ここで重要なのが“そこそこな賑わい”なわけで、休日に誰もいない公園などは廃公園と等しく、近寄りたくもないし、かと言って、吐き気がするぐらいの混雑や賑わい、ごった返しなどは県内外に幾らでもある有名観光スポットに任せれば良い。
この牧尾ダムのように、地元民だけが知る。またはそれを見つけた“目利き”な県外の観光客が、ゆっくりと時間を過ごせるこの牧尾ダムは、地域密着型の真骨頂だと思うし、そしてそんな牧尾ダムの公園を私は愛して止まない。

しかもだ。

ここには無人の「野菜直売所(箱)」があり、その中には新鮮な野菜や、たまにシワシワに干からびた野菜が入っていたり(私は新鮮な獅子唐やミョウガを買って食べた事がある。当然ながらとても美味かった)

または、ここから少しここから離れて県道側に行けば、秋頃には猿の群が狂ったように(てか狂っている!)木をグラングラン揺らして叫び無数の猿軍団!たまに熊蜂に追われる!といった、様々なアトラクションが用意されている。

話が逸れた。逸れ過ぎた…。


もう見えているのだが…。

横(下流側)を見れば高っ!やっぱり堤高105mは伊達半端じゃないな…。

てか、真下を見ればやっぱり高っ!
この足下鉄格子より10m程下には、青い湖面がゆらゆらと波打っている。
高い所が苦手な私には、これだけでも充分怖い…。が、この鉄製の蓋掛けが抜ける可能性はほぼゼロだ。
と、言う訳で、試しにこの上でマサイ族のようにジャンプを数回繰り返してみたのだが、ちっとも楽しくなかった。

おっ。

出た。

『中山トンネル』

見ての通り、要石を含む石積み風な抗門はダミーで実は単なるコンクリート抗門なのだが“嫌み”を感じないのはそれなりの年季が入っているからだな。

つまりはこの最初の写真、ダム堰堤のど真ん中に座する山をこのトンネルは通っている。

立ち入り禁止でも何でもないのでお邪魔するよ。

延長は60mかそこらだろう。

ボートがある…。

うむ…。ダムにおけるボートの役目は様々だが、その多岐に渡るボートのお仕事のひとつに“あれ”があるので、正直カメラを向けるのを躊躇った、が記録は記録だ。きちんと撮影したよ。

てか待って。待って~!
上の写真二枚に写っている。

【これや(拡大写真1)】

【これ(拡大写真2)】

って洞内の分岐じゃないの?

何てこった…。

この記事を書いてて初めて知った。が、思い出そうにも思い出せない。そりゃそうだ。最初から覚えてないのだから…(涙)
何で真正面から写真を撮らなんだのかは不明だ。

ちなみに出口の線形は捻れている。

抜けた。

ほぼ左岸側と同じ仕様だが、扁額がお化粧されている。すなわち反対側は“すっぴん”だったのね。いや充分美人さんだよ。
更に進む。

おおっ!
何と言うか、色々あるダムの天端でも、ロックフィル形式のダムの天端は“おおらか”と言うか開放的と言うか、とにかく歩いていてとても気持ちが良い!
子供の頃のようにキャッキャ言いながら、ここで、でんぐり返りしや側転もどきをして暴れたい気分なのだが、通報される可能性があるので我慢だ。

下流側。新六段橋が見える。最初の写真とは真逆の関係だ。

上流側を見れば牧尾ダムでせき止められた人造湖「御岳湖」が広がる。いいね。
ちなみに対岸沿い(右岸沿い)に見える道は、王滝村の「村道1号線」だが、牧尾ダム建設に伴い新設付け替えられた「木曽森林鉄道王滝線」の“現在”である。

旧線はダム湖に沈んだが、水位の加減でたまに顔を出す事がある。

【参考写真】

【参考写真(拡大版)】


と、言う訳で、牧尾ダムを渡り切りました(手前の道が王滝村の村道1号線)

おわり。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/11(水) 05:00:00|
  2. ●隧道(トンネル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<旧国鉄 中央西線 旧線 中平隧道 | ホーム | 野尻森林鉄道 野尻向鉄橋(木曽川橋梁)>>

コメント

野菜スタンド、良いですよね。て、最後の画像..あれはここだったんですね。
  1. 2011/05/11(水) 07:07:58 |
  2. URL |
  3. ぬこ田 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotityobunsitu.blog135.fc2.com/tb.php/77-9d8ca198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。