廃道・廃線・廃隧道・あらゆる交通遺跡を調査‐こちら交通遺跡調査室(分室・携帯版)

廃道・廃線・廃隧道。ありとあらゆる交通遺跡を室長ことtyafficが生温く調査いたします! あなたが知っている“廃”を情報も募集しています! 情報提供口は以下。 t.stlアットezweb.ne.jp(アットは@に変換してくださいませ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

王滝森林鉄道 二号隧道 6

長野県木曽郡木曽町三岳橋渡

訪問日 2009/2/10

【現在地】


上松側の坑口へ…。と、このまま二号隧道から出てしまう前に、隧道内部を、もう少しだけ見ておこう。

天井が真っ黒…。

私は、旧国鉄の電化以前に使われた廃隧道にも入った事があるのだが、この「二号隧道」の天井の汚れ具合は、それと似ている。
やはり、煙突からモクモクと煙を吐き出して走行する(ボールドウィン)機関車が通った証しなのだろうか。

上松側の抗門。

前回、1月19日に県道から見上げて撮影した【ここ】は、隧道抗門に続いて延伸築造された「ロックシェッド」だった(県道から見上げてみた場合、隧道なのか何だか、とにかく“怪しい”とだけしか判断が付かなかったのは、この隧道坑口を隠すように立つ“ロックシェッド”のせいだった)
ところで、このロックシェッドは、コンクリートの色合いからして、本体である“二号隧道”が掘られた後も良い事、だいぶ後々の時代に付け足されたものだと私は推察する。
では、いつ付け足された(築造された)のか?
正直特定は出来ないが、小さな根拠としては、例の煤煙による汚れが一切ない事からして、ボールドウィン機関車が引退したとされる、昭和35年以降に作られたと思う。


前は見上げていた「長野県道20号開田三岳福島線」を見下ろす。

更に見下ろす…。

シェッドと隧道の接続部分。

もう一枚。

こういう、まずは先に竣工した隧道トンネルと、後年になって後付けされたロックシェッドが被さっている“隙間部分”ってのは…、私は実に好きなのだ。

二号隧道。上松側抗門全景。

次回。グダグダの【最終回】へ続く。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/23(土) 00:32:44|
  2. ●廃線 鉄道 森林鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<王滝森林鉄道 二号隧道 最終回 | ホーム | 王滝森林鉄道 二号隧道 5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotityobunsitu.blog135.fc2.com/tb.php/45-a5e7db57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。