廃道・廃線・廃隧道・あらゆる交通遺跡を調査‐こちら交通遺跡調査室(分室・携帯版)

廃道・廃線・廃隧道。ありとあらゆる交通遺跡を室長ことtyafficが生温く調査いたします! あなたが知っている“廃”を情報も募集しています! 情報提供口は以下。 t.stlアットezweb.ne.jp(アットは@に変換してくださいませ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長野県道20号開田三岳福島線 小島隧道の旧廃道

長野県木曽郡木曽町三岳

小島隧道の旧廃道

訪問日 2009/4/24



小島隧道。

【地図】

【大きい地図はこちら】

上の写真は前回【長野県道20号開田三岳福島線 旧小島橋(仮)】のもの。
次からの写真は雪解けが過ぎた、同年4月24日に再訪したものです。

小島隧道木曽側坑口の左にある、この胡散臭い道へ行くわけで…。ガサガサ…。

再び前を見る。
まだ4月だからそれほど激藪発達もしていない。良い感じだぜ!って…。

フゴッ!そうでもねえな…。

道半分(左谷、右山)の谷側がごっそり流れ落ちている。しかも残った山側にはデっかいお岩が鎮座しておるでよ。とにかく岩が邪魔…(写真ではそれほど危機的には見えないが、なかなかにデンジャラスな所だった)よっこらせ、と越える。

難場を抜けると…、おぉ!良いじゃん良いじゃん。なんか良いよ…。
進む。

先ほどの難場に比べると足元は土から砂利主体に変わって路盤はしっかりしている。が、だからと言って浮かれ気分で両腰に手を当ててスキップする気にはならない。なぜならば…。

それは人工的に敷かれた砂利ではなく山側から供出され、たまたま路盤に留まった小さな落石の溜まり場だからだ。
それにより路盤は山側から谷側へ微妙に傾斜している。ほんとほんと、毎度おかげさまだ。

谷側はこの高さ(下手な写真だからはわかりづらいけど、かなり高い…)
気を付けて進む。

おっと…。

出ましたよ!駒停め!
撫でてやりたい!(実際、撫でました…)

この辺りが山腹から谷側に一番張り出した地点。あとは徐々に現道へと向かって行く。

それにしても高いな…。王滝川が遥か眼下だよ。ブルっ!
そして更に、ウフフな景色は続く。

【中編】へ続く。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/17(金) 00:18:10|
  2. ●廃道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長野県道20号開田三岳福島線 小島隧道の旧廃道 中編 | ホーム | リンクさせていただきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotityobunsitu.blog135.fc2.com/tb.php/10-843137a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。